サイトへ戻る

顔の歪み(顎関節症)

ー30代 女性 会社員ー

· 症例報告,顔の歪み

《来院時の症状》

・3か月前からかみ合わせが悪くなってきたので気になって来院。
・口を大きく開ける際に、顎関節から音がするのがきになる。
・目視で分かるほど、下あごが右に寄っているのも良くしたい。

《カウンセリング結果》

・顎関節の歪みは、目視で分かるほどに出ていた。
・顎関節が歪むことにより顔の視点がずれて首肩への負担が発生している。
そのため右首肩の緊張が強く慢性的な辛さに繋がっている。
・右側頭部に頭痛が定期的に起こる。
・顎関節が気になって寝つきが悪くなった。軽度の不眠症。

《施術の経過》

初回の施術では、頭蓋骨の縫合をゆっくりほぐした後に、咬筋、胸鎖乳突筋、僧帽筋までのほぐしの時間を多めにとりました。徐々にほぐれてきた後に顎関節調整を行い、筋肉のほぐしと交互に行うことによってゆっくり変化を付けていきました。術後には顎関節は目視で分かるほどバランスに変化が出ましたが、口を開いたときの音はまだありました。その後、2回目~5回目は骨盤調整と胸椎の調整を一緒に行う事で顔のバランスもキープできるようになってきました。4回目のご来院時から口を開く際の音はかなり軽減されております。

《担当者よりコメント》

今回の症状は、顎関節の歪みがかなり強く1回の施術だけでは完全に歪みを取りきることは出来ませんでした。また顎関節の歪みからくる肩こりや頭痛の症状もかなり出てきておりました。顎関節に関しては、歪みが酷い場合、1回の施術で歪みを取りきろうとすると痛みが発生することもあるので周りの筋肉をゆっくりほぐしながら行うことが大事です。その後のアフターケアについては、顎関節の運動の指導をメインにセルフケアも行ってもらいました。初回の状態からはかなり改善がみられるので、今後もキープできるように頑張っていきましょう!

★顔の歪みに関する症例★

小顔
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK