· 症状別,腰痛

《腰痛とはどんな症状!?》

腰痛と一口に言っても、原因箇所など様々ですが、以下のような症状が主にあげられます。
・起床時やベッドに横になった時に腰が痛む
・朝起きた時は痛みがあるが、体を動かしているとだんだん痛みが和らぐ
・身体を後ろに反らすと、腰に痛みが走る
・洗顔をするときに、前にかがめない
・歩くと腰や脚に痛みを感じる
・咳やくしゃみをすると腰に響く
・太ももやふくらはぎに痛みやしびれがある
・お尻が痛くて、しびれることがある
・靴下を履くのが辛い
・階段の上り下りが辛く、つまずきやすい

《腰痛の特徴》

障害部位によって腰痛の特徴が異なります。
・椎間板
前屈動作で姿勢を戻すときに痛みを感じる
・椎間関節
腰を反らせたり、捻ったりすると痛みを感じる
・筋肉
前屈みや腰の筋肉に力を入れると痛みを感じる
・神経
膝から下にしびれが出たり、力が入りにくいなどの症状がある
・骨
椎骨が破綻したときには強い体動時痛がみられる

《腰痛の原因は!?》

・スポーツなど激しい運動
・重いものを持ち上げた時
・長時間のパソコン作業(長時間座る)
・立ちっぱなしの仕事
・長時間同じ姿勢でいる
・ストレスや疲れなどの蓄積
 

《腰痛の対処法》

◎ホームケア

患部に直接働きかける方法としては患部を冷やす方法と温める方法があります。
原則、熱を持つような炎症状態の急性な痛みには冷やすことが効果的です。

慢性な痛みには血行を良くするため温めることが効果的です。
冷やすべきときに温めると具合が悪くなることもあります。
腰痛は一度改善しても、今までと同じ生活習慣を繰り返すと再発します。痛くなってから治療をするのではなく、常に柔軟な筋肉を保つことが大切です。
特に腰痛は、肉体や精神的にリラックスをしなければ改善されません。
セルフケアでは、栄養補給やストレッチをすることが効果的です。

・つぼ押し

1.腎兪(ジンユ)

腰にあるツボです。疲れが溜まっている時に刺激すると痛気持ちいい感じがあります。

腰痛以外にも、疲労が強い時や、長時間同じ姿勢が続いた時に押すのもオススメです。

・場所・

背骨から左右に指を縦に2本分離れた位置にあります。

両腰に手を当てて親指が当たる部分が目安となります。整列時の前へならえの時に先頭がするポーズです。

ここを3秒から8秒程持続的に押します。

3回ほど繰り返し押すと良いです。

腰痛

◎整体院でケア

・先ずは全体の骨格バランスのチェックを行います。

・次に筋肉バランスを見ながら筋肉調整を行います。

・最後に骨盤の矯正と姿勢矯正を行います。

矯正に関しては道具を一切使わず、施術者が徒手でお身体に合わせて行います。

整体で身体の筋緊張を取り除いたり、骨格矯正で正しい姿勢を身につけることで腰痛の解消や予防につながります!

★腰の痛みに関する症例★

腰痛
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK