· 症状別,ぎっくり腰

《ぎっくり腰はどんな症状!?》

腰痛の種類としては、とても有名なぎっくり腰ですが、
いったいどんな状態のことをいうのでしょうか。まず、そのことを理解しましょう!
ぎっくり腰とは別名、「急性腰痛症」といいます。
その名の通り、突然腰部に激痛が走る症状です。
関節捻挫、筋肉の損傷、筋膜性炎症など、痛み方の種類も複数あります。
一度ぎっくり腰を発症してしまうと、痛みが身体と脳に記憶されてしまい
癖になってしまうケースも少なくありません。

《ぎっくり腰の特徴》

ぎっくり腰は、欧米では「魔女の一撃」と呼ばれており、
突然想像もしない激痛がやってくるのが特徴です。
重度になるとその場で立てなくなったり
寝返りが打てなくなったりする程の痛みになります。

《ぎっくり腰の原因は!?》

そもそもどうしてぎっくり腰になってしまうのでしょうか。
原因は様々ですが、最も多い原因は疲労の蓄積です。

①デスクワークによる疲労の蓄積

デスクワークの方は、座り方によって慢性的に腰に疲労をため込んでしまいます。
背中を後ろに待たれかけて座る、頬杖をつきながら座る、
身体の重心を片側にかけて座る、などどれも腰にとって負担がかかってしまいます。
 

②立ち姿勢による疲労

立ち仕事の方も慢性的に腰絵の疲労が蓄積されてしまいます。
立位の場合、腰椎という腰の関節がクッションのように衝撃を吸収してくれますが、
長時間の立ち姿勢が続くことで、腰椎のクッション性が失われてきます。
それにより衝撃をため込んで疲労が蓄積されてしまいます。

③運動による疲労の蓄積

一つの競技に特化して練習している場合、
ケアを怠ると腰への疲労が蓄積される場合があります。
軸足が決まっているスポーツなどの場合、偏った負荷がかかり続けて
疲労がたまってしまうのです。

《ぎっくり腰の対処法》

ぎっくり腰にならないためには、疲労がたまらない身体のバランスや体質を定着させなければなりません。
そのためには、まず身体の土台となる骨盤を正しいバランスに定着させて

しっかり疲労を残さないようにしていきましょう!

◎整体院でケア

・先ずは全体の骨格バランスのチェックを行います。

・次に筋肉バランスを見ながら筋肉調整を行います。

・最後に骨盤の矯正と姿勢矯正を行います。

矯正に関しては道具を一切使わず、施術者が徒手でお身体に合わせて行います。

整体で身体の筋緊張を取り除いたり、骨格矯正で正しい姿勢を身につけることで、頭痛の解消法につながります!

★腰の痛みに関する症例★

腰痛
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK