サイトへ戻る

セルライトが気になるあなたへ

~老廃物を減らせばセルライトも予防できる~

· セルライト,基礎代謝

皆様こんにちは!!ボディマネジメント整体院です。

突然ですが皆様はセルライトといういう言葉を聞いたことはありますか?

聞いたことがある方もない方も是非一度読んでみてください。

今回は、セルライトが気になるあなたへ、原因や予防策をお伝えします!!

まず、身体に脂肪が増えてくるとボコボコとしたセルライトも目立ち始めます。

セルライトは老廃物が溜まることが原因でできるという認識はあるものの、ハッキリとセルライトと老廃物がどう関係があるかは分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、セルライトと老廃物の関係ついてご紹介致します。

①セルライトは脂肪細胞が原因!!

セルライトは太ももやお腹周りなど、体の中でも比較的脂肪が付きやすい部位にできます。

まずは、お腹や太ももなど脂肪が気になるところをつまんでみましょう。

ボコボコとしたものが浮き上がってきたら、それがセルライトです。

人は食事からエネルギーを摂取して活動していますが、消費しきれなかったエネルギーは脂肪細胞で中性脂肪として蓄えられます。

中性脂肪がどんどん蓄えられ肥大化すると、血管やリンパ管を圧迫してしまうのです。

そうすると血行不良や新陳代謝の低下などを引き起こしてしまいます。

これがセルライトの原因となります。

②老廃物とセルライトの関係は?

「セルライト=老廃物」という認識を持っている方も多いと思いますが、実は老廃物が溜まることでセルライトができてしまいます。

老廃物とは、基礎代謝などで作り出される代謝産物などの不要なものを指した物の事です。

これは通常、血液やリンパ液に乗って汗や尿、便となり体外へ排出されますが、肥大化した脂肪細胞によって血管が圧迫されることで血流が悪くなると、代謝が落ち老廃物は体外へ排出することが難しくなります。

老廃物が溜まることでむくみを引き起こしたり、脂肪細胞やコラーゲンと結びついてセルライトが作り出されてしまうのです。

「セルライト=老廃物」というわけではなく、老廃物と結びついてできるものがセルライトであるといえます。

③セルライトを作らないためにはどうすればいいの?

一度増加した脂肪細胞は減ることはなく、脂肪が増えれば肥大化し、脂肪が減れば小さくなるということを繰り返しています。

 

セルライトを作らないようにするには、いかに脂肪細胞を肥大化させないか、ということがポイントとなります。

そのためには基礎代謝を上げて筋肉量をアップさせることが大切です。

筋肉量をアップさせれば血行が良くなり、老廃物がスムーズに体外へ排出されてセルライトができにくい体質作りに役立ちます。

老廃物をスムーズに体外に排出することができるようなケアを行うことが、セルライトを作りにくくする第一歩です。

基礎代謝をアップさせるためにも運動や食事に気を使って、脂肪を溜めこまないような生活を心掛けましょう。

④基礎代謝を上げる方法

●おすすめの運動●

1、スクワット

太ももの大きい筋肉が鍛えられるので代謝が上がりやすいです。

2、短距離走

無酸素運動なのでとくにバランスよく筋肉が鍛えられるため、基礎代謝量が増えるのが特徴です。

●おすすめの食材●

1、トマト

トマトに含まれる赤い色素「リコピン」には、血中の悪玉コレステロールを減らして、血液をきれいにする作用があります。

2、玉ねぎ

玉ねぎは硫化アリル「アリシン」という物質を多く含んでいます。

3、唐辛子

唐辛子の辛さの元になっている成分、カプサイシンを多く含んでいます。

いかがでしたか?セルライトを作らない為には適度な運動と、栄養のある食事をしっかり

摂る事が大事ですね。

皆様も健康維持のため是非実践してみてください。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK