サイトへ戻る

2ヶ月前から出る右膝の痛み

ー10代男性・学生ー

· 症例報告,

《来院時の症状》

・2ヶ月程前から運動中、走ったりすると痛い。
・サッカーを部活でやっていてボールを蹴る動作で痛い。
・整形外科に行ってオスグッドと診断された。
・湿布や電気治療、サポーター等してみたが良くならない。

《カウンセリング結果》

・膝のお皿の下の脛骨粗面部分を抑えると痛い。
・大腿四頭筋が過緊張している。
・屈伸(90°で痛み発生)。
・正座が出来ない。
・骨盤が後傾している。   

《施術の経過》

初回の施術後は、完全に屈伸しても少し違和感が残る程度で痛みはなくなった。5日後に再来店してもらい、深く膝を曲げなければ痛みは出ない。走ったりしても痛みは出ないが、ボールを蹴る時度々痛くなる。3~5回目まで1週間のペースで行い今まで通り運動、サッカーをしても痛みは完全になくなりました。

《担当者よりコメント》

一般的にオスグッドは成長痛とも言われ中高生のスポーツをする方に多く起こります。かたまっていた大腿四頭筋は走ったり、ボールを蹴る時に働く筋肉ですがこの筋肉の停止部の脛骨粗面が痛くなるために起こります。大腿四頭筋へのアプローチと骨盤の歪みから片側に重心が乗っていた為、片側の膝だけが痛んでいたので当院の施術で改善することが出来ました。大腿四頭筋だけへのアプローチでは、一時的に良くなったとしても、運動再開すると再発することもあるので、痛みの原因をしっかり把握して早期改善を目指しましょう。

★膝の痛みに関する症例★

膝
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK