サイトへ戻る

夏こそ見直す生活習慣!

実は夏の方が太りやすい!?

· 生活習慣,夏,むくみ,冷え性,夏バテ

皆様こんにちは!ボディマネジメント整体院です。

あと少しで夏の暑い季節になりますね!

にかけて体つくりをしている方も多くいらっしゃいます。

夏になるとよく『夏バテで食欲がなくなってやせた』と耳にする方も多いですが、

その一方で『冬より夏の方が太った』という方も大勢います。

夏の時期は一年の中で1番汗をかきやすく、一般的には痩せる時期です。

では、なぜ夏が太りやすくなるのでしょうか?

実は夏特有の生活習慣に隠されています!
夏バテ

夏に太りやすい原因は?

~脂肪の蓄積~

基礎代謝の低下

人の体は恒常性の働きにより、暑くても寒くても体温を36~37°で保っています。

体温と気温の温度差があればあるほどカロリー消費量や基礎代謝が増え、脂肪が燃焼されやすくなります。
そうなると夏の方が体温と気温の温度差が冬よりなくなるため、礎代謝が低くなり脂肪燃焼が低下します。

活動量の低下

暑くなると外出を避けたり、外出する時に歩くより車移動が増えたりと外で体を動かす機会が減ってしまい、活動量が低下します。

~冷え~

胃腸の冷え

夏になるとかき氷やアイスなど、冷たいものを食べる機会が増えてきます。そうなると胃腸が冷えてしまいます。また 栄養バランスも偏り、より脂肪を蓄積しやすい体になります。

体の冷え

家ではもちろん、職場や通勤での車内はクーラーのかかった場所で過ごすことが多くなります。

また暑いからと言って湯船に浸からずにシャワーだけで済ませることが多く、体が冷えてしまいます。
体が冷えることで脂肪の燃焼の妨げになります。

~むくみ~

冷えによるむくみ

体が冷えることで血行が悪くなりむくみやすくなります。

水分の過剰摂取

人が飲む1日の必要な水分は2リットルと言われています。しかし、夏の時期は喉が乾くことが増え、また冷たい飲み物を口にすることが多いため体が冷え、血行が悪くなります。
代謝が下がるため、体に水分を溜めやすくむくみに繋がります。

むくみ

解消方法

温かい食べ物を食べる

暑い時こそ熱い食べ物を食べることで発汗作用と内臓機能が活発になります。
そうすることで汗をかき、体内に溜まった水分や塩分を排出できます。
またむくみが取れるので内臓の動きが活発になり、代謝が上がり脂肪が燃焼しやすくなるのです。

水分補給は常温を!

冷たい飲み物で内臓が冷えると内蔵を温めようと再加熱するため、余計に喉が乾いてしまいます。
常温でこまめに摂るようにすることで内臓の冷えがなくなるのはもちろん、のどが必要以上に渇かなくなります。

過度な運動

炎天下でのジョギングやランニングは熱中症や脱水症状になりやすいのでなるべく涼しくなる夕方ごろから行うことでより効果的です。

湯船に浸かる

湯船に浸かることで体の芯から温まり代謝アップにも繋がります。

湯船に浸かるのが苦手な方は足湯もオススメです。

筋トレ

今からしっかりと体を冷やさないようにすることで太りにくい体になります。

~適度な運動や食事もしっかりと心がけていきましょう!!~

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK