サイトへ戻る

背中の痛み・こり

· 症状別,背中

背中の痛み・こりの症状は!?》

  • 下を向いたり、物を取ろうとかがんだ時などに痛みがでる
  • 朝起きるときに痛みが強い
  • 夜寝る前など、疲れが溜まっているときに背中にだるさを強く感じる

背中の痛み・こりの原因は!?》

背中の痛みとは、ギックリ腰のように、急に激しい痛みが起こる場合もありますし、肩こりと同じように背中の筋肉が凝っている場合もあります。
ギックリ背中といい、ギックリ腰のような炎症が背中に起きて、激しい痛みを感じている場合も、背中のこりが悪化してだるい痛みとして感じているいずれの場合も、背中の筋肉・背骨に異常があるということです。

《背中の痛み・こりの対処法》

◎ホームケア

①肩甲骨の外側を伸ばすストレッチ

・四つん這いの姿勢になります。
・四つん這いの姿勢から手のひらをゆっくりと前に滑らせて伸ばしていきます。
・肩甲骨の外側が気持ちよく伸びていればそのままのキープしましょう。
・余裕がある場合は頭も床につけて下さい。

肩甲骨
肩甲骨

②肩甲骨の内側を伸ばすストレッチ(体を捻る動きをします)

・四つん這いになります。
・片手の手のひらを上に向けて手の甲を床につけます。
・そのまま手を反対側に通していきます。
・頭も床につけて目線は真っ直ぐか少し斜め上にしましょう。
・呼吸は吸った息を背中・肩甲骨に入れるイメージです。
・ゆっくり口から吐いていきます。

ストレッチ
ストレッチ
ストレッチ

◎整体でケア

・姿勢、骨盤の歪みを確認して背中の痛みの原因を確認する。
・うつ伏せで歪みで負担がかかり硬くなった筋肉を緩める。
・関連する筋肉にもアプローチする。
・骨格にアプローチして歪みを整える

全ての施術は徒手で行い歪みを整えてまいります。

整体で身体の筋緊張を取り除いたり、骨格矯正で正しい姿勢を身につけることで、背中の痛みやこりの解消につながります!

★背中の痛み・こりに関する症例★

背中
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK