サイトへ戻る

スクワットで

健康な身体に!!

~スクワットで健康な身体を手に入れよう~

· スクワット,トレーニング,姿勢改善

こんにちは!

ボディマネジメント整体院です。

皆様、健康の為に筋トレなどの運動はされていますか?
今回は効果的な筋トレ【スクワット】に焦点を当てて紹介していきます。
【スクワット】自体は知っている方も多いと思います。さらに深掘りして知識を深めて実践していきましょう!!

スクワットを行うことによって起こる健康面においての

メリットを紹介していきます!!

●姿勢の改善効果

普段背中が丸まり気味の方は大腰筋というお尻の筋肉が弱くなっている場合があります。

その大腰筋が弱まっていることによって骨盤が倒れてしまい、結果的に猫背になってしまいます。

スクワットで大腰筋を鍛えることによって骨盤を支える力を補い、骨盤を本来の向きに戻すことで姿勢を矯正することが可能となります。猫背の姿勢を解消することができれば椅子に座っている際の姿勢や、歩いている際の姿勢など周囲から見たときの印象が大きく変わってくるため、スクワットによる姿勢改善は非常にメリットがあると言えるでしょう。

姿勢改善

●心肺機能が強化される

スクワットは継続することによって心肺機能を向上させる効果もあります。スクワットはこれまで下半身を強化するという点が一般的に認識されてきました。しかし、近年ではジョギング以上に心肺機能を強化することができるということがわかってきています。

その理由としてはスクワットでは重力に逆らいながら体を上下に動かす運動をし、心肺機能に負担をかけながら運動を行うため心肺機能の強化に繋がります。また、ジョギングなどのように心肺機能を強化するには下半身を運動させる必要があります。スクワットは大腿部に刺激を与え、その刺激が心臓や肺臓の働きを活発にさせるため、心肺機能の強化になるという訳です。

心肺機能強化

●脳の活性化による認知機能の維持

最近、特に『』が気になります。

脳は、あらゆる事を決定している。

良い事も良くない事も含め……。そして、常にフル回転しています。なかなかの働き者ですね!

認知機能を維持するためには適度な運動が必要であるということは多くの人が耳にしたことがあると思います。アルツハイマー病の原因となるアミロイドβを分解するネプリライシンという酵素が運動をすることによって増加し、知能の低下を防ぐというのが運動による認知機能の維持につながる仕組みとなります。スクワットは特別な器具を必要とせず、一人で自宅でも実践することができます。
また、高齢の方でも安全に実施することができるため認知機能維持のための効果的な運動として知られています。スクワットでは免疫力向上、心肺機能向上、認知機能の維持など健康面でメリットがたくさんあるため年齢に関係なく習慣化したい運動になります。
脳

●スクワットのやり方

1. 足を腰幅まで開いて立ち、つま先は膝と同じ向きにします。手は、胸の前で組む、まっすぐ伸ばす、頭の後ろで組むなど自由です。
2. 肩甲骨を寄せて下げ、自然な背筋を保ちます。
3. そのまま、お尻を後ろへ突き出すように、股関節から折り曲げます。膝の位置がつま先よりも前に出ないよう注意します。
4.太ももが床と平行になるまで下したら、ゆっくりともとに姿勢に戻ります。
スクワット
いかがでしたか?
今回はスクワットが健康維持の為にいかに必要かをお伝えしていきました。
是非、ホームケアを試してみてください!!

それでも健康面に不安がある方や身体の歪みが緩和しない、よくならないという方は、是非ボディマネジメント整体院に足をお運び下さい。

1人1人に合った施術を提供してまいります。

皆様のご来店お待ちしております。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK