サイトへ戻る

股関節の動きが悪く違和感がある

ー40代女性 看護師ー

· 症例報告,股関節

《来院時の症状》

・歩いている時に特に股関節付近に違和感を感じる。
・昔は陸上をやっていたが、最近は運動していない。
・普段はほとんど立って仕事をしている。
・40歳になってから違和感が出てきた。
・少し動かしていると楽になってくる。
・特に右側の股関節だけ違和感を感じる。

《カウンセリング結果》

・骨盤の後傾が目立ち、右側の足が3㎝ほど短い。
・右足を上げた際に、可動域が少ないのと大腰筋に詰まるような違和感がある。
・腸骨筋が過緊張している。

《施術の経過》

初回の来店時、歩いていると股関節周辺に違和感がありました。股関節周りの歪みや筋肉の硬さなどを中心に検査しました。骨盤の歪みと腸腰筋の硬さが目立ちました。普段から無理な態勢での仕事と、運動不足による筋肉の衰えが原因です。腸腰筋の施術を行い運動効果を出して、骨盤の歪みを矯正して再検査時には違和感がなくなっています。普段運動する時間の確保が出来ない為、現在定期的な調整として、2週間に1回継続的に通って頂き経過を見ています。

《担当者よりコメント》

今回の症状としては、先天性のものでは無く、普段の生活習慣による後天的な症状でしたので、当院の施術で改善しております。ただ放置しておくと筋力が衰え体幹を支えられずに股関節の痛みや、膝の痛みが発生しやすくなります。定期的に歩いたり、体幹トレーニングを行うのも効果的です。施術としては、歪みの調整を行いながら股関節のストレッチをメインで行って運動効果を出していきましょう。当院の施術で症状は良くなっているので、しっかり改善が可能です。

★股関節の痛みに関する症例★

股関節
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK