· 症状別,

《膝痛の症状は!?》

正常な膝は関節の表面が軟骨で覆われています。
この軟骨が衝撃を吸収して膝への負担を軽くしています。

この軟骨が消耗すると、膝の曲げ伸ばしがしにくくなり、
衝撃が吸収しきれず、歩いているだけでも膝への衝撃が強くなります。
結果膝への痛みが強くなり、酷くなると歩くのも困難になります。
 

《膝痛の特徴》

加齢により軟骨がすり減り症状が出る場合もありますが、
普段の生活からも起きる可能性もあります。
膝への負担が普段から多い場合や、膝痛を放置することで、変形性膝関節症
という膝関節自体の形が変わってきてしまう場合もあります。

《膝痛の原因は!?》

激しい運動や、悪い姿勢での歩行、重いものをよく運ぶなど
普段から膝へ負担をかけていると、軟骨の減りが早くなり、
膝痛を発症します。
またO脚やがに股、猫背の方も発症しやすくなります。

①前側の痛み

膝の曲がりすぎが原因

②後ろ側の痛み

膝の反りすぎが原因

③内側の痛み

O脚が原因

④外側の痛み

X脚が原因

⑤中心部の痛み

膝の整理的湾曲の消失が原因

⑥軟骨損傷による痛み

過激な衝撃が原因

⑦靭帯損傷による痛み

過激な捻れが原因

⑧環境条件による痛み

繰り返される日常生活が原因

《膝痛の対処法》

膝には10個以上の筋肉が付いています。それらが緊張したりすると膝を引っ張り、骨膜に痛みを引き起こします。
特に大事な筋肉は大腿四頭筋です。ストレッチ等で緩めておくことが大切です。
スポーツ外傷などケガの場合、マッサージや、ストレッチをしないようにしてください。余計に症状を悪化させてしまいます。
腫れていたり、赤くなっていた場合はすぐにアイシングをしましょう。

◎ホームケア

①足の関節をなめらかにする

脚を伸ばした状態で足先を体から離して5秒~8秒キープ、次に体に近づけて5秒~8秒キープ(これを15回~20回繰り返す)

膝の痛み
膝の痛み

②膝を曲げる筋肉をなめらかにする

基本的にはハムストリングスといってももの裏を伸ばす。(前屈などがあります)

10秒キープを10回程繰り返しましょう。

膝の痛み

③アキレス腱とふくらはぎを伸ばす

壁などに手をついて脚を前後に開きます。

後ろの脚を伸ばして、かかとを地面から離さないようにしましょう。かかとから頭の先までが一直線になるようにしてください。

10秒キープを10回程繰り返しましょう。

膝の痛み

④膝の筋肉を伸ばす

仰向けに寝て片方の太ももの裏を両手で抱えます。抱えた脚を胸に引き寄せて5秒~8秒キープします。これを10回程度繰り返しましょう。

膝の痛み

◎整体でケア

・先ずは全体の骨格バランスのチェックを行います。

・次に筋肉バランスを見ながら筋肉調整を行います。

・最後に骨盤の矯正と姿勢矯正を行います。

矯正に関しては道具を一切使わず、施術者が徒手でお身体に合わせて行います。

整体で身体の筋緊張を取り除いたり、骨格矯正で正しい姿勢を身につけることで、膝の痛みの解消につながります!

★膝の痛みに関する症例★

膝
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK