サイトへ戻る

ヘルニア後の腰痛が取れない

ー30代男性 自営業ー

· 症例報告,ぎっくり腰,腰痛,ヘルニア

《来院時の症状》

・自営業の為普段はほとんど休みがない。
・腰を曲げたり無理な姿勢での仕事が多い。
・重い物をよく持つ。
・3か月前に急な腰の痛みで病院へ行ったらヘルニアと診断された。
・痺れは無くなったが朝や夕方に腰が痛くなる。
・自分でストレッチや筋トレで身体のケアをしている。

《カウンセリング結果》

・腰を伸展した時に痛みが出るが痺れはない。
・うつ伏せで足を上げた際に痛みはないが上げにくい。
・骨盤の後傾があり猫背の姿勢になっている。

《施術の経過》

初回来店時はヘルニア後の筋肉の緊張による腰痛がありました。痺れはありませんでしたが、可動域が悪く、姿勢や骨盤の歪みが見られ、特に腰への負担がかかりやすい状態でした。検査の結果施術は可能でしたので、患部周辺の筋肉の調整と骨盤の歪みの調整を週1回ペースで半年ほど行いました。現在は腰の張り感も改善して痛みもなくなっています。筋トレも継続する事で骨盤が安定して再発もしにくくなるとアドバイスしております。状態をよく保つ為現在は月に1~2回で定期的に身体の調整を行っています。

《担当者よりコメント》

ヘルニア後は筋肉の緊張や、骨盤の歪みによる腰痛が出やすくなります。ヘルニアは一度なると癖になりやすい傾向もあります。お仕事柄、無理な姿勢も多くなりますので、痛みがなくても定期的に腰の調整は行った方が良いです。痛みは無くなっているので当院の施術で改善しています。今後は筋トレも含めて調整を行い、再発防止と無理な姿勢をとっても負担のかからない身体にしていきましょう。

★腰痛に関する症例★

腰痛
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK