サイトへ戻る

肌荒れは姿勢の悪さから

〜姿勢を良くしてお肌もキレイに!〜

· 美肌,姿勢,代謝,血行不良

こんにちは!
ボディマネジメント整体院です。

ニキビなどの肌荒れ、洗顔や化粧水を変えても中々治らない方も多いのではないでしょうか?
実はただ単純に肌が荒れているだけでなく、姿勢も大きく影響しています。

肌荒れの原因

肌荒れ

●代謝が悪くなる

美肌を保つためにはターンオーバーを正常に保つことが必要となります。

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる周期のことです。

部位や年齢によってターンオーバーの日数は変わってきますが、20代くらいの健康な肌だと28日ほどで、年齢を重ねるにつれその周期は長くなり、40代になる頃には50日以上かかるとも言われています。

ターンオーバーの周期が遅くなりすぎると、バリア機能が低下したり、傷が治りにくくなったり、乾燥しやすくなったり、肌がゴワゴワしたりとトラブルが生じてきます。

姿勢が悪いと体全体の代謝が悪くなるので、当然肌にも悪影響を与えてしまうことになります。

●血流が悪くなる

血は、たくさんの栄養や酸素を運び、老廃物などは外へ出す役割を果たしてくれています。
常に背中がまるまっていると血の巡りが悪くなり、目の下にクマが出来たり、顔全体がくすんでしまう原因にもなります。血流が悪くなり老廃物がたまると顔がたるむことも。
肌だけじゃなく、頭皮も同じ。血の巡りが悪くなることで、脂漏性皮膚炎など頭皮の病気になることもあるそうです。

肌荒れを予防する方法

●代謝を良くするには

猫背になることにより代謝はかなり悪くなります。
日頃からいい姿勢を意識することにより代謝も上がり、肌荒れ防止にもなります。

●猫背対策方法

1.足を腰幅に開いて立ち、ピンと張ったタオルを肩幅の広さで持ちます。
2.息を吸って両腕をまっすぐ頭の上まで持ち上げ、息を吐きながらひじを引き、タオルが頭の後ろを通り肩のところまでゆっくり下ろします。そこで、肩甲骨を引き締め10秒キープ。
3.腕を上げるとき、腕は耳の横あたりにくるようにして、これを5往復ほどくりかえします。

姿勢

●血流をよくするには

・運動

血流は姿勢以外に運動不足からも原因となります。
第2の心臓と言われているふくらはぎを動かすことにより血流もよくなります。

歩き方

・マッサージ

ふくらはぎをマッサージするだけでも血行はかなり良くなります。ポイントは血液を心臓に戻すこと。両手で足首を覆うように持ち、力を入れながらくるぶしからアキレス腱、膝に向かって血液を上へ押し流すようにマッサージをすると、滞っていた血液が循環し、冷えだけでなく、疲労解消、足の不快感やだるさ、むくみなどが改善されます。ふくらはぎは疲労しやすい場所のため、できれば毎日、身体が温まっているお風呂あがりに行うと効果的です。

マッサージ

いかがでしたか?
姿勢の悪さはただ単に身体が歪むだけでなく肌にも影響されています。
正しい姿勢を保ち、身体の歪みだけでなく身体の内側も外側もキレイにしていきましょう!

当院ではカウンセリングや検査を行い、一人一人にあった施術でお悩み改善のお手伝いをさせていただきます。

どんなお悩みでもまずはお話をお聞かせ下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK