サイトへ戻る

デスクワークによる猫背

ー40代男性ー

· 症例報告,姿勢

《来院時の症状》

・平日長時間のデスクワーク。
・土日ゴルフでの前かがみ。
・ストレッチ不足。
・人からも言われるくらいの姿勢の悪さ。
・首肩凝りからくる頭痛。

《カウンセリング結果》

・長時間同じ体勢で事務作業を行っている事による肩の内旋が強い。
・骨盤の歪みから座位、立位共に姿勢が悪い。
・辛い時にマッサージを受けるくらいで定期的に調整を受けていない。
・休日のゴルフ後に全くストレッチをしない。

《施術の経過》

骨盤の後傾や、大胸筋の筋肉の緊張により、巻肩を伴う猫背が強く出ていました。
平日長時間のデスクワークはもちろん、休日にもゴルフによりかがむ体勢を取ってる事が多いため、かなり歪みの癖は強かったです。初回から7回までは1週間に1度来院していただき、プラスでゴルフ後のセルフケア(ストレッチ)をしていただいています。現在は2週に1回のペースで来院していただき、姿勢と頭痛、肩こりの症状の改善を目指しています。

《担当者よりコメント》

長年歪みを放っておいたせいもあり、かなり歪みは強くでていました。
ゴルフをされているとの事だったので、姿勢や肩凝りの改善はもちろん、全身の矯正をする事により、身体の可動範囲をひろげ、ゴルフのスコアを伸ばしていくのを目標に現在施術を受けられています。
ストレッチもご自身で少しずつできるようになってきているので、来院ペースもあけていけるかと思います。

 

★姿勢に関する症例★

姿勢
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK